新崎・志ヶ浦の四季

大町祭りと獅子舞
毎年、4月29日は、穴水町大町の穴水大宮春季例大祭が開催され、新崎・志ヶ浦の住民たちも参加しています。神輿を神社本殿にあげて神事が行われ、そのあと獅子舞が先導して神輿が境内を3周します。

私たちはこの例大祭を「大町祭り」と呼んで、子供の頃は獅子舞の踊り子として、次は青年団で獅子舞の運営にあたり、長じて神輿を担当することでずっと参加しています。

志ヶ浦の獅子舞は明治の半ばに始まり、現在も継続しています。青年団の主宰・運営で集落の児童たちが踊り子として参加しています。獅子舞は4月1日の氏神の春祭りと、この「大町祭り」に催されます。

かつては町内の各地で獅子舞がありましたが、年々減少していき、ここ数年の例大祭でも、志ヶ浦の獅子舞だけの参加となっています。

   copyright(C)say shoe