里海里山再生活動
2011年4月16日
「ボラ待ちやぐらの復元」PART.2
4月16日、「ボラ待ちやぐら」の復元に向けて、協議会メンバーは先日伐採した間伐材を運び出し、樹皮を剥ぐ作業を行いました。

簡単に樹皮を剥ぐといっても、まったく経験のないことで、作業を始める前は、はたして夕方までに終わるのだろうか、というのが率直な感想でした。ところが、ちょうど時節もよかったらしく、樹皮はあんがいスムーズに剥けていき、その作業自体がだんだんと楽しくさえ思えてきました。樹皮をとった木材はしばらく乾燥させておき、次の機会に防腐剤を塗っていく予定です。

人が集まって道具を持ちより、知恵を出し合うというのは、やはりすごいことです。だんだんと「ボラ待ちやぐら」がその形を見せてきます。新崎・志ヶ浦の海に立つのはもう少し先になりそうですが……。

   copyright(C)say shoe